豊かなコミュニケーションが活力を与える!

お店を成功へと導くためには、お店に勢いが必要です。

そこで我々は、常にお店に元気を与え、活力を与え続けなくてはなりません。
これは我々の一番大切な仕事でもあります。

そのためには、先ず自分自身の仕事に対する情熱が何より大切になります。
それは、情熱のないところには豊かなコミュニケーションは育たないからであ
り、情熱のないところにはお店に勢いがつかないからです。

我々の体の中には温かい血が流れています。
もちろん、お店の人たちにも温かい血が流れています。
この血が通い合ってこそ、勢いのあるお店が出来ます。

だから、血が通っていないお店の人たちの表情は暗く、逆に、血が通っている
お店の人たちの表情は明るいく楽しく働いています。

それは、お店の人たちの笑顔は、我々の情熱そのものだからです。
そのためにも、お店に元気を与え、活力を与えることを忘れないで下さい。

サービス業で成功している企業の共通点もここにあります。
それは、生き生きとした情熱がお店の人たちとの緊密なコミュニケーションに
つながり、良い仕事は、そんな緊密なコミュニケーションから生まれるのです。