常に基本に立ち返れ!


商売には、良いときもあれば、必ず悪いときもあります。

しかし、いずれの場合もそれが続くということはありません。

常に、基本に立ち返ることです。

悪いときは、それまでの商売のあり方に必ず問題が多くあります。

つまり、お客さまの期待に応えることが出来なかったということです。

お客さまの期待を裏切ったということです。

だから業績が悪いのです。

決して、競合店の問題でも景気の問題でもありません。

そんな一度失った信頼はなかなか回復しません。

しかし、それでも、お客さまの方から我々にチャンスをくれます。

今週末からの、ゴールデンウイーク商戦もその一つです。

その時こそは、絶対にお客さまの期待を裏切ってはなりません。

それは、今度こそは熱烈なお店のフアンにするということです。

そんな一回一回の信頼の積み上げが成長発展へと導いてくれます。

そのことでしか、お客さまからの信頼を得ることは出来ないのです。

そこで大切なことは、常にお客さまの立場でしっかりとお店を見直し、

直すべきところはすぐに直し、お客さまの期待を裏切らないことです。

そんなお店に一日も早くすることです。